口永良部島の新岳噴火

噴煙はおよそ7,000m。
噴火直後、多量の火山灰は北西の風により、永田方面から種子島まで到達。

降灰で覆われたいなか浜。波が引いた後は本来の砂が見える。