環境学習ツアーにて、レクチャーを開催しました

2021年3月26日、THE HOTEL YAKUSHIMA Ocean & Forestにてサニーワールド主催ロータリークラブさんの環境学習ツアーで「ウミガメの島、屋久島」を紹介するレクチャーを開催しました。中学生10名、保護者の方々10名の合計20名に次のような内容でお話をさせていただきました。

  1. ウミガメの種類
  2. 屋久島に来るウミガメ
  3. ウミガメ上陸数・卵数
  4. うみがめ館紹介
  5. 太平洋ウミガメ回遊経路
  6. 絶滅危惧種ウミガメを守る法律・条例
  7. ウミガメ産卵の修正・調査
  8. ウミガメ観察のルール
  9. ウミガメの現状

レクチャー後の質問コーナーでは、30分以上にわたり、多くの質問が出て非常に有意義なイベントとなりました。またこの様なイベントを希望する団体がございましたら、うみがめ館までお問い合わせください。

6月下旬から続いた梅雨前線の高波の影響

7月25日
◇6月下旬から続いた梅雨前線の高波による影響
【いなか浜】
いなか浜A~C地区
流出卵推定243巣(約28,000個)
→ふ化の可能性がある464個を保護柵内へ移植
【子ガメ保護柵
いなか浜B~C地区
7/16 保護柵近くまで砂の流出 浜垣約5m
7/25 保護柵流出、修復作業

高波により保護柵が流出
浜垣表面に露出した卵
流出直前卵を安全な場所に移植
保護柵を植生帯近くに再設置

環境省によるモニタリング調査業務開始

環境省による屋久島永田浜における上陸産卵回数等モニタリング調査業務開始(7/15まで)

一湊(二ツ浜):アカウミガメ初上陸・戻り

昨年より26日遅い上陸・29日遅い産卵(5/20初産卵)

1年飼育のウミガメ里帰り

日和佐うみがめ博物館より1年飼育のウミガメ里帰り
    アオウミガメ2匹
    →5/14いなか浜より放流(参加者7名)