NPO屋久島うみがめ館の歴史

活動の歴史

 ◇ 1985年4月1日 「屋久島ウミガメ研究会」として発足
   (島内のボランティアによるウミガメ生態調査活動開始)
 ◇ 1985年11月30日 調査報告書発行開始
 ◇ 1991年 6月10日 うみがめ通信発行開始
 ◇ 1993年 6月    いなか浜の海岸の松が全て枯れ、遮光林の植樹開始
 ◇ 1997年11月30日 朝日海への貢献賞・正賞受賞
 ◇ 1998年 8月10日 鹿児島県よりウミガメ保護に対して感謝状授与
 ◇ 1999年 1月 1日 会名を「屋久島うみがめ館」に改称
 ◇ 1999年 5月 1日 うみがめ館(展示館)開館
 ◇ 2001年 1月20日 総会にて特定非営利活動法人化を決議
 ◇ 2001年 6月    特定非営利活動法人格取得
 ◇ 2005年11月    屋久島町より感謝状を授与
 ◇ 2007年12月    環境省新宿御苑インフォメーションセンターにて屋久島ウミガメ展開催
 ◇ 2009年 6月    うみがめ館(展示資料館)展示品リニューアル
 ◇ 2011年 1月    オサガメ剥製(幼体・体長160cm)完成  4月うみがめ館展示開始
 ◇ 2011年 8月    書籍「屋久島発 うみがめのなみだ その生態と環境」出版社より発行
 ◇ 2011年 9月    25年のまとめ調査報告書発行(1985~2009年)