6月下旬から続いた梅雨前線の高波の影響

7月25日
◇6月下旬から続いた梅雨前線の高波による影響
【いなか浜】
いなか浜A~C地区
流出卵推定243巣(約28,000個)
→ふ化の可能性がある464個を保護柵内へ移植
【子ガメ保護柵
いなか浜B~C地区
7/16 保護柵近くまで砂の流出 浜垣約5m
7/25 保護柵流出、修復作業

高波により保護柵が流出
浜垣表面に露出した卵
流出直前卵を安全な場所に移植
保護柵を植生帯近くに再設置

環境省によるモニタリング調査業務開始

環境省による屋久島永田浜における上陸産卵回数等モニタリング調査業務開始(7/15まで)

一湊(二ツ浜):アカウミガメ初上陸・戻り

昨年より26日遅い上陸・29日遅い産卵(5/20初産卵)

1年飼育のウミガメ里帰り

日和佐うみがめ博物館より1年飼育のウミガメ里帰り
    アオウミガメ2匹
    →5/14いなか浜より放流(参加者7名)

ストランディング:アオウミガメ(幼体)雌雄不明

平和町海岸で翌日足跡調査時(14:30頃)に砂防壁側の波打ち際から5・6mほどの小石が堆積した場所で発見→埋設